カテゴリー
月光航路

野心家のイカロス その9
「太陽のショー」

イカロス、それはさんさんとした夢。

◇ 最新更新: 2022/12/17

太陽のショー

これは私の中のイカロス像、かな。

太陽はこの系で唯一無二の価値。
それに並ぶことができる存在がいたら、多元世界の可能性を見せられる。
王様だって、絶対じゃないのさ。

そう。

うそではないけど、もう一つ本当がある。
僕自身が太陽になりたかった。
皆が僕のことを称賛する。
太陽のショーだ。
高みを目指す過程で唐突に生まれ、僕を侵食した欲。
それはたぶん、この系の太陽の支配、僕を地に縛り付ける。
結末は知っての通り。
蝋の翼が溶けて失速、僕は落ちて死んだ。
サン・ショー……うぉっ!
ああもし、僕の翼が炎属性のサラマンダー製だったら……。
さすがに無理があるか。
ああもし、僕の心の羽が太陽にも負けないものだったら、それなりの高度で十分だと帰還しただろうに。

そういう展開はない。
あなたがイカロスである限り。

その通り、イカロスとはすなわち「飛翔と転落」だもの。

先は長いから、速さ感、出していきましょう。
これまでの流れで言えば、距離は相対的な時流れ、何年分進んだかみたいな。
先の例で言えば、 10年分1か月
ビッグな栄光にたどりつくには、寿命というものもあるし、こういう速さ感も必要なのかな。
他の人の何倍もの速さで生きているような感じ、なんてね。

あ、ねえね。
逆の向きで割ってみたら、どう?

1か月10年分
1か月は30日として、 3日1年分

異世界からやってきたキミは驚くべき!
1年分の学習範囲を3日で終わらせてしまった。
このペースで行けば……みたいな。

失速だと、こういう感じかな。
0秒分1秒
これもさっきみたいに、逆にしてみるわけよ。
今はそういう風向きでしょ?

それは空気が読めていない。
0では割れないらしい。

割れないのなら、足してみると、始まるかも。

原始の元って何だろうね。

よりみち ルート18

ちょっと、タイム。

今日のおやつは「オレンジのドロップ(飴、キャンディ)」というひと。

私はオレンジのドロップが一等
だって、太陽のドロップ、なんてね
好きな冗談と共に携帯してみたり
明るい酸味のオレンジのイメージは優しい元気

太陽のかけら?
それは割れて生まれた価値。
いただきます。
私に加算されて、私が元気。

「夢さんさん」の画像1
「太陽のショー」

夢だったのかな……。

優しいドット模様……。
「う宙にはたくさんの太陽があるらしい」