カテゴリー
月光航路

野心家のイカロス その13
「ヒット」

柿っ。

◇ 最新更新: 2023/01/03

ヒット その1

目的と手段、これも世界における切り口の一つ。

私たちは目的の為に手段を選ぶ。
その為に(ある程度は)堪えて、仕事や勉強に従事する。
多くの人の当たり前の現実に違いない。

目的の核心は幸せになることだと思う。
だから、手段がそれを消費し尽していると、気持ちむつかしいことになる。
本と末が転倒の危険信号点灯。

だから差、もう本当に旅なの。
目的地へ向かう、その過程も楽しむ心。
目的と手段が断絶ではなく、幸せな形で溶け合っている。
これはきっと甘口だけど、現実は辛口なことが多いからこそ、価値がある。

本末相補の理想形。
その心が目的を見失わずにすむ。
矛盾の少ないあり方を取り入れることができるなら、心地いい。

現実を応援する理想が旅にはある。

どちらのあり方が本来ということではなく。
きっと現実と理想も混ざり合っているもの。
日常の中に旅が溶け込んでいるような趣で。

旅志向……安全は大事にしてね。

商業的価値と関連させて考えてみる。

ヒット その2

アウトにならない。
デンジャラスとも言えない。
言いたいことは創意工夫と遊び心も。

無事にホームへ帰還の安全安心だ。
それはチーム皆の望むところ。

【旅に出よう】
羽を伸ばしたいよう
ここからのディスタンス
距離感は大事にして
心にもあったらしさを
春夏秋冬、近場に遠方、躍る心
おーい、旅に行くよ~

美味いもの、栄養!
レジャー、ラジャー!
勉強になる、分かり味!

心得てお誘い申し上げます
Let’s travel♪
旅に出よう

少なくとも商業に乗っている旅ならば、安全は確保されているだろうから、核心は楽し気なものだと思う。
そういう雰囲気が遠くない将来に戻ってきますように。

旅に出よう、ルネサンス!

再び、心からこういうことも言える日が来ますように。

旅に出よう、再会!

こちらのフレーズの方が、限定感がないからいいかしら。

じゃあ……(ぱーん)扉を開けて
Let’s travel♪
列島トラベル、旅に出よう

これは私の好みからすると、ちょっと勢いを付けすぎかな。

旅心がくすぐられて、旅に出て旅を楽しんで、結果として経済も回る。
旅行と言う商品に限らないけど、理想形なんじゃないかなと思う。

よりみち ルート192、193、194

ヒット。

かきっ。

「温かな日の本を読みたいわ」

明るい日本市場!

それはなんとも言えないけど、まあまあ、日本で昔から愛されている実りの果物なんてどう?

「柿」の画像1

柿っ、まるまるの美味しさ。

今日のおやつは「柿つつみ」というひと。
「柿つつみ」の画像1
「柿っ」
「柿つつみ」の画像2

オーブンでローストした柿をふんわりと甘い生地でつつみました。
柿が自然な甘さなので、できたてがおいしいかなと思う。

柿の風情とともにどうでしょうか。

「柿」の画像2
今日のおやつは「柿」というひと。

そのままも素的に美味しい。
焼くと、色も味も濃くなる。

書き書き……。
グローバル、時の流れにより何周も回って、いろんな好みがあったとさ。
それとは違うけど、食べ応えはあると思う。
ああ柿色のトースト。

今日のおやつは「柿のローストースト」というひと。
「柿のローストースト」の画像1

オーブンで焼いて、味わいを濃くした柿。
それを、有塩バターを薄く塗ってトーストしたパンの上にのせました。

主役の柿、少し塩気とバターの風味が引き立たせる。
バターはオリーブオイルに変えても良いかなと思います。

「柿のローストースト」の画像2
半分で。
「柿のローストースト」の画像3
茶色のパンでも。
それとオリーブオイルに変更でも。

よりみち ルート195

ヒット、繋いでいきたい。

「柿つつみ」の画像5

柿と人参について。

「柿つつみ」の画像4

一方、柿とカニカマについて……思いを馳せて考えを巡らす。

今日のおやつは「カラフルソルティー」というひと。
「カラフルソルティー」の画像1

こちらが柿に見えることはなかったけど、新しいケーキができました。
甘くないタイプ、中味はカラフルでちょいと塩味。

「カラフルソルティー」の画像2

カニカマ、ブロッコリー、クリームチーズ入り。

繋がる価値について。
「人参と柿はカロテン繋がり」